「人に優しいウェブサイト構築サービス」事業

導入コンサルから運用まで サイト構築の目的に応じた「人に優しいウェブサイト構築サービス」を提供します。 近年、作り手の勝手な情報を押し付けるだけのサイトが多く見受けられます。

機能説明だけが前面にあって「何」ができるのか、「いかに」使える等の情報しかないサイトが多いようです。

ウェブサイトは「なぜ」その情報が必要なのかを、わかりやすく伝えること、言い換えればサイト訪問者の「知りたい」「欲しい」という期待に応えてこそ意義があるのです。



はじめてのサイト構築時の課題に関してもお調べします。
  • ホームページ配置先のレンタルサーバー提供会社の選定
  • サイトの制作
  • ウェブシステムの開発
  • 運用後の見直し、導線の改善等

サイトの企画、デザインの作成

何を訴求したいか、何をゴールにしたいか ウェブサイトで出来ること、出来ないこともあります。お客様のウェブサイトに対しての期待はなんですか?
弊社ではサイト制作に入る前に十分なヒアリングを行います。


そして、何をしたいのかそのゴールをお客様と共有し、個々の実装のご提案をいたします。

情報設計(ユーザビリティ、アクセシビリティへの配慮)

サイトの導線を考える 掲載している内容がいかに素晴らしくてもウェブサイトの使い勝手は提供するメニュー等の導線によって決まります。
弊社ではサイト制作時に導線をわかりやすく、探しものが見つかりやすくするには、いかにすべきかを
心がけています。

サイト新規作成時やリニューアル時には必ずサイトの構成がわかるワイヤーフレームを作成し、ペーパープロトタイピング(実際作成するサイトを開発前に紙で用意し、導線や操作感を事前に打ち合わせ)で完成イメージをお客様と共有できる工夫もしております。
また、開発・実装途中で進捗に応じてプロトタイプを提示し、お客様が納得できるよう何度か確認ステップを踏みます。そのため、実際に期待した完成イメージと違うといった失敗はありません。
基本的な達成手段としては次にあげる作業も重要です。

  • 要求(「なに」を「いかに」したいを整理する
  • ワイヤーフレームに表現してみる
  • ペーパープロトタイピングで操作感や実装イメージを共有し事前改善
  • 導線の改善を繰り返し、実際の完成イメージに近いプロトタイプ(モック)を提示

情報設計を納得するまで検討しましょう!

リリース後の運用を配慮したシステムの提案

更新頻度の高いものは、自動化できないか?擬人化できる領域のシステム化を! ウェブサイトを擬人化することが弊社の究極目標です。
コンテンツの更新頻度、おすすめの情報などの配信、既存のお客様向けへ新サービスのご案内など、既存商品やサービスについてのアンケートなど現在のウェブ技術で対応が可能なものは増えつつあります。

そうした点を弊社では整理整頓してスクラッチから開発することができます。
ご予算の制約があっても諦めないでください。弊社が提案とお手伝いをします。

  • いま抱えている課題で何が自動化、擬似化(人に代わって作業する)できるかを考えましょう。
  • スクラッチ(何もないところ)からの開発も弊社では可能です。
  • もし、予算や納期の制約があるなら、その目的に準じたオープンソースを積極的に使いましょう。
  • 予算がなくても、あきらめないで、弊社とウェブサイトを通じたサービスモデルを作っていきましょう。

「人が集まるウェブサイト構築サービス」事業

SEO対策、キーワード戦略を共に考えます

作ればいい、だけじゃない どんなにコンテンツを充実しても、検索エンジンでの上位表示がなければ、
せっかく用意した情報を潜在的なお客様へ伝えることができません。
そのため、弊社ではサイト構築時にどんなキーワードが適切なのかをお客様と協業で調査します。twitterやfacebookなどのソーシャルメディアが普及したとは言え、検索エンジンの対応という前提を考えなければなりません。

ソーシャルメディアを積極的に活用しましょう!

twitterやfacebookなど積極的に twitterやfacebookなどを積極的に活用し、情報の伝播(バイラル)をすることができます。
ソーシャルメディアは利用方法のいかんによってはサイトの「炎上」といった事もありえる両刃の剣です。
しかしながら、twitterの「リツイート」やfacebookの「いいね」ボタンは絶大な情報の伝播力をもちます。
現在、弊社ではこれらを活用するツール群の整理と効果測定方法などの検証、試験的なアプリの制作を行っています。

お問合せはこちらから
(新規ウィンドウで開きます)